サンコー72カントリークラブ 西コース

サンコーセブンツーカントリークラブ ニシコース

ShotNavi情報の更新

Update[コース情報変更] サンコー72カントリークラブ 西コース(2021-08-30) 2021年9月1日よりの営業となります 【コース情報変更】 高崎 ○コース名変更 高崎 ⇒ アウト タカサキ ⇒ アウト Takasaki ⇒ Out 【コース情報変更】 岩平 ○コース名変更 岩平 ⇒ イン イワダイラ ⇒ イン Iwadaira ⇒ IN

Update[グリーン種別切替データ更新] サンコー72カントリークラブ 西コース(2021-04-14) グリーン情報(高崎、岩平:ベント/高麗)を更新しました。*ADVANCE2、ADVANCE FW、V1、V2、ハローキャディには対応しておりません

サンコー72カントリークラブ 西コースの更新情報 >
コース画像

アウト詳細

PAR 36
 ヤード数 / Back: 3256Y Reg.: 3113Y Ladies: 2652Y

ドラコン推奨ホールドラコン推奨ホール  ニアピン推奨ホールニアピン推奨ホール
※Noをクリックすると詳細ページに移動します。
14386356275
23ニアピン推奨ホール161154128
35576563471
44361348281
53155142117
64380354314
75ドラコン推奨ホール549538469
84348328288
94340330309
TOTAL36325631132652

ホール別解説

No.1 PAR 4Back386Y
ボタン
No.1のコースレイアウト

平均的なミドルホール。右はOBとなるため、ティーショットはバンカーの上を越えていくのが理想。グリーン左手前のバンカーは深めなので入れないように注意したい。グリーンがやや小さめなのでショートアイアンの精度が要求される。

詳細を見る

No.2 PAR 3Back161Y
ボタン
No.2のコースレイアウト

高崎コース最初のショート。カップの位置が右目ならティーグラウンド脇の右の植え込みがプレッシャーとなり左目なら手前のバンカーがプレッシャーを与える。しっかりと奥目から狙いたい。また冬場の風が強いときは難易度がかなり上がる。

詳細を見る

No.3 PAR 5Back576Y
ボタン
No.3のコースレイアウト

真っ直ぐで600Y近いロングホール。右側はOBの為力まずしっかりとフェアウェイをキープしたい。グリーン手前は花道もないので2打で残り150~100の間に落とし、そこからしっかりとグリーンを狙いたい。グリーンの傾斜もきついので非常に高難度のホール。

詳細を見る

No.4 PAR 4Back361Y
ボタン
No.4のコースレイアウト

ティーショットが池越えとなるミドル。フェアウェイの途中に木がある為影響を受けないところを狙いたい。木の左を狙ったほうが2オンを狙いやすい。セカンドは若干打ちおろしになるのでしっかりとした距離感が必要となる。

詳細を見る

No.5 PAR 3Back155Y
ボタン
No.5のコースレイアウト

打ち上げのショートホール。番手の選択に困るところだが奥目を狙う気持ちで選びたい。ショートして手前のバンカーに入れるのは避けたいところ。グリーンは下りは速めなのでしっかりと読み切りたい。

詳細を見る

No.6 PAR 4Back380Y
ボタン
No.6のコースレイアウト

軽く右にドッグしたミドル。右のラフは広いが1本木がある為打ち込むとグリーンを狙いにくくなる。しっかりフェアウェイを狙いたい。セカンドはバンカーに入れないようミドルからショートアイアンの正確な距離感が求められる。

詳細を見る

No.7 PAR 5Back549Y
ボタン
No.7のコースレイアウト

軽い左ドッグのロング。ティーショットはラフに入れてもいいぐらいの気持ちで右目を狙うのがセオリー。フェアウェイでも左側だとグリーン方向に打てなくなり3オンも難しくなる。セカンドは逆になるべくフェアウェイの左側を狙いたい。パーオンには各クラブの飛距離・精度の両方が必要となる。

詳細を見る

No.8 PAR 4Back348Y
ボタン
No.8のコースレイアウト

真っ直ぐなミドルホール。グリーン手前にスタイミーとなる木がある為、ティーショットからマネジメントが必要となる。木の上を越えていける程度の距離を残したほうが安定して狙える。グリーンは若干低くなっているため飛ばしすぎにも注意。

詳細を見る

No.9 PAR 4Back340Y
ボタン
No.9のコースレイアウト

ティーショットは打ち下ろし、セカンドは打ち上げとなるミドル。左側が内向きの斜面なのである程度左に行っても戻ってくる。しかし左を狙いすぎるとグリーン手前の木が邪魔になる為注意。グリーンは砲台なのでしっかり距離を合わせたい。

詳細を見る

他のコースを見る ▲

  • お車でお越しの方
  • 電車でお越しの方